2020年の「土用の丑の日」はいつ?うなぎを食べる由来は?

ウナギ

「土用の丑の日」といえば、うなぎを食べるのが定番ですよね!

7月になり、広告でもよく見かけるようになりました。

この記事では、2020年の「土用の丑の日」がいつなのか、「土用の丑の日」の由来、うなぎの他にもある「土用の丑の日」に食べると良いものを紹介します。

2020年の「土用の丑の日」はいつ?

2020年の「土用の丑の日」は、7月21日と8月2日です。

ちなみに、「丑の日」が2度あるときは、1回目を「一の丑」、2回目を「二の丑」と呼びます。

「土用の丑の日」とは?

「土用の丑の日」は「土用」と「丑の日」にそれぞれ意味があります。

「土用」とは?

「土用」という呼び方から「土曜日」を想像する方もいると思いますが、曜日は関係ありません。

「土用」とは、暦の「立春・立夏・立秋・立冬」の直前18日間を表す言葉です。

夏だけではなく、「土用」は春夏秋冬、1年に4回訪れることになります。

夏の土用は、立秋の直前18日間ということになります

「丑の日」とは?

「丑(うし)」は十二支のひとつで、中国では、年月日や方角を示すものとして紀元前1600年ごろから使われてきました。

日本でも、昔は日にちを数えるときに「1・2・3・4…」という数字ではなく、「子・丑・寅・卯…」と十二支が使われていました。

つまり「丑の日」とは、十二支の順番で「丑」がめぐってきた日のことをいいます。

夏の「土用の丑の日」は立秋前の丑の日

まとめると、夏の「土用の丑の日」は、立秋の直前18日間にめぐってくる丑の日です。

「土用の丑の日」にうなぎを食べるようになったのは、なぜ?

「土用の丑の日」にうなぎを食べるようになったのは、諸説ありますが、江戸時代の蘭学者・平賀源内の発案だというのが有力な説だといわれています。

本来、うなぎの旬は秋~冬のため、夏のうなぎは人気がありませんでした。

そこで、困ったうなぎ屋が平賀源内に相談したころ、「土用の丑の日」には「う」のつく食べ物を食べると夏負けしないという風習があったことから、「本日、丑の日」という張り紙を店先に貼りなさいと助言したそうです。

その張り紙の効果でうなぎ屋は大繫盛!

それ以来、夏の「土用の丑の日」にはうなぎを食べることが定着したそうです。

うなぎが栄養価の高いスタミナ食材だということも、定着した理由かもしれませんね。

うなぎ以外にも!「土用の丑の日」に食べると良いもの

さきほど書きましたとおり、「土用の丑の日」には「う」のつく食べ物を食べると夏負けしないという風習があります。

ですので、うなぎ以外にも、食べると良いものがたくさんあります!

梅干し

梅干しに含まれるクエン酸が疲労回復を促し、食欲を増進させてくれます。

なお、良くない食べ合わせ代表といえば「うなぎと梅干し」ですが、一緒に食べても問題はないそうです。

うどん

さっぱりしているので、夏バテで食欲が低下しているときでも食べやすいです。

瓜(うり)

胡瓜(きゅうり)、西瓜(すいか)、南瓜(かぼちゃ)、冬瓜(とうがん)、苦瓜(ゴーヤ)など。夏が旬の瓜類は、体の調子を整えるのに適しているといわれています。

土用しじみ

「う」のつく食べ物ではありませんが、「土用の丑の日」にしじみを食べる習慣もあります。

しじみは鰻と同じように滋養があり、肝臓の働きを助けてくれるため、「土用しじみは腹薬」といわれています。

まとめ

いかがでしたか?

すっかり高級魚になってしまったうなぎ……

我が家では「土用の丑の日」でしか食べられません(泣)

「土用の丑の日」には、うなぎや、その他スタミナのある食べ物を食べて、夏を乗り切りたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。